夏といったら「おもひでぽろぽろ」でしょ。

 

タエコがすごい繊細で、いろいろ考えたがる思春期の5年生ってのが共感できておもしろい。

 

映画の中で、

「3分の2を4分の1で割るってどういうこと〜?」

ってのがある。

 

分数は分母と分子をひっくり返してかける、って習ったタエコだったが、

どうしても理屈がわからなくて、モヤモヤしていた笑

 

ちっちゃいころとか、こういうくだらないことをくよくよ考えるタイプだったからわかるが、こうやって考えるのって楽しい。

 

なんで政治家っているの?

なんでフジテレビって最近つまんないの?

なんでシェアハウスって問題なの?

なんで戦争ってなくならないの?

 

いろいろ考えると、世の中が見えてきて楽しい。

いまはネットがあるから調べたり、聞いたりできるけど、

タエコは分数のやり方がどうしてもわからなかった笑

 

 

 

「3分の2個のりんごを4分の1人で分けます。」

 

 

ってことはつまり、、、

 

即答できる人いる??笑

 

 

答え3分の8(=2、7)ってのはわかるけど、理屈がわからん。

ニュートンとか誰か有名な偉人も、

1+1=2ってのが理解できなくて、

足して2以上になることもあるはずだ!!

つって学校辞めたよね確か。

 

天才とバカは紙一重っていうけど

映画でも、分数がわからないタエコに、おかあさんが

「タエコはふつうじゃないの!!」

っていってタエコががびーんってショックを受けるシーンがある。

 

変なところにこだわって、周囲と少し波長が合わないと

ズレてる、とかバカって言われるけど、

偉人って割とずれてたり、クリエイターもそういう人多いなあと。

 

芸人も普通の人ならスルーする出来事を斜めから見たり。

 

ーーーーーー

 

 

3分の2個を4分の1で割るってことって、

4分の1が3分の2の中に何個入るかって考えれるよね。

 

3分の2の中には、

4分の1が、2、7個入ってる。

 

 

もっと簡単にいうと、

10個のりんごを二人でわけるとひとり5個で

1個でようやく幸せになれる。

 

それが1ハッピーだとすると5ハッピーなわけじゃん。

 

これを3分の2個のりんごを4分の1人でわけると。。。?

 

 

 

下半身と両腕と、肝臓がなくて重い病気にかかってて、

普通の人の4分の1のハッピーな人に分けます。

 

さて、この方はりんごを何個もらえてどれだけハッピーでしょう?

りんごの数とハッピーの数は同じとする。

 

正解は同じく2、7(四捨五入)で 2、7ハッピー。

 

 

で、あれ?3分の2個だったりんごが

なぜ2個以上に増えたの?ってなる。

 

 

この人は両腕もないし、下半身もない、

肝臓も抜き取られてて、重い病気にもかかってる。

 

 

もともとふつうの人の4分の1ハッピーだった人だから、

それは3分の2個ですら

2、7個に感じられるんだよ、ということ。

 

 

そうかんがえるともともとハードルが低い人のほうが幸せを感じやすいってことなのかな?

 

 

 

なので、3分の2を4分の1で割ると、

 

 

 

答えは 

 

ふだんつらいことにあっている人のほうが幸せを感じやすい。

 

それはたとえば、両腕、下半身がなく、また肝臓も抜き取られていて、

重い病気にかかっている、そんな余命わずかな人に3分の2個のりんごをあげるようなものだ。

 

ふつうの人は1個のりんごでようやく笑顔になる。

でもこの人は3分の2個あげただけで、

3分の8個(2、7個)あげたように泣きじゃくって喜んでくれる。

幸せって、つらいほうが感じられるものですよ。

 

 

つらい人のほうが幸せである!

ということを証明してみせたぜ!!

 

 

タエコ、わかったか?