最近メダロットが結構はっちゃけてます。今度は定番の美少女ものがメダロットととして登場!!メダロットシリーズの外伝アクション作品ではなんと3作品目ということで何がくるのかなと思っていたら

 

まさかの美少女ゲー路線で登場しました。

 

というわけで以降私のながーいメダロットについてのたわいも無いお話をお聞きください。

(どうしてもスカートをつかもうとするメタビーにみえたのは内緒。)


メダロット ガールズミッション カブトVer. (【初回封入特典】『オリジナルホームテーマ』 ダウンロードコード 同梱) 【早期購入特典】『ビジュアルブック』&【Amazon.co.jp限定】オリジナル特典 クリアファイル 付

 ■ から少女ゲーは当たり前なんだってば!!

なんか巷では、メダロットが媚びすぎて話にならないということをちらほら聞いてたので、今回筆を取らせていただきました。

昔メダロットについてこんな記事を書いていた事があります。

 

要するにどういうことかというと、メダロットは昔から固定客に向けてのサービスを行っていたということ。

 

それは決してロボットものという部分だけではなく、アニメでは女子に媚び、男子諸君にはカリンちゅわんやペッパーキャットなどの嗜好を植えつけていった事と、実はメダロットは露骨では無かったのですが、こういった層に向けての製作を細部にまで滞らせていたのが伺えるゲームして、かの私もメダロットを初代からプレイして思ったのであります。

 

メダロットってどういうゲームかというと、全国大会やロボロボ団などの悪党。そして全く頼りにならないセレクト隊や愉快な仲間達と繰り広げるゲームで、そしてこのゲームは

ギャルゲーですからね!!!

・・・これだけは言って見たかった。まぁ、中古で楽しめる理由ってそれなんですよ。

 

メダロットは中々頂点に上り詰めるゲームという部類では無く、一定層の中堅テーマとして君臨するイメージが非常に強いゲームです。


ボンボンなどの雑誌も無くなってしまい非常に残念でしたが、今の20代の若者には懐かしいゲームであることに代わりは無いでしょう。


(そういえばあの雑誌もニッチな需要があったなぁ。)

 

と言いつつも、私はギャルゲーとか言いつつもここまで媚びてたらただのギャグゲーじゃねえか!!とツッコミを入れたいのですが、このゲームのタイトルで私は開き直りました。


よく考えてみれば昨今のメダロッターは萌えを求めてるんですもんね。仕方が無いです。ソシャゲでむしり取られるよりこっちの方がまだマシです。本当。

 

 

あ。ちなみにメダロットに関して媚びすぎだろ!!と思う人のために原作者のほるまりんさんのツイッターでこんな事をつぶやいてました。

『当時のアニメメダロットは大きいお姉さん達のために、小学男子主人公が動くたびに脇腹をチラ見せさせてたし、ゲームでも女装だのなんだのしてたんだから、次は「いっぱい女子高生が出てくる」ってだけでコジラセ度はむしろ下がっているんだよ』

『ファミ通を見れば女の子のキャラの絵がたくさん出てるけど、過度にコジラセそうなのはないでしょ。うちのチーム、なんつぅか、こう、環境に優しいのよ』
『認知されさえすれば、割と広い層に受け入れられるのではないかと考えています』

 

 

 

しかし!

 

全面的に女キャラにそして脱げる系のゲームはかなり面白い・・・と思うんですけど、狙った商品戦略だなぁと思う一方でかなり違和感があったんですよね。

 

■ 出たのは何故か3DS。

まず、一番不安感を覚えたのは3DSというハードであること。

 

この事に関してはかなり怒られるかもしれませんがかなり違和感を覚えました。

 

・・・まぁ、3DS信者とかvita信者とかいるけどさ。このゲームのコンセプト的にはやっぱりvitaで出すべきだったのでは思う人は多いのでは無いでしょうか。実際3dsというのは非常に嬉しいんだけど一発逆転を狙いたいから3dsという考えならかなり残念です。

 

vitaのタイトルではいまだにミリオンを達成するのはあまり聞いたことが無く、ゲーム自体が子供を意識したものでしょうからコロコロコミックは3DS。ボンボン系はVITAという位置づけなら私はやっぱりvitaで出すべきだったじゃ無いかという懸念があるのです。 

 

というのもこのロケットカンパニー社のゲーム販売の戦略というのはメダロットで言うと3dsというハードに特化したものが非常に多いのですけど、ナンバリングタイトルに関しては7や9までのメダロットは3DSで販売されています。

 

 ただメダロット9のレビューを見れば分かりますが、かなり悪化してるんですよね。


メダロット9 カブトVer.

 

メタビーという頼っていた機体からの変更はさながらポケモンで言うとパートナーをピカチュウから変えるほどの英断。そして、様々なゲームの改善を行った凡作ともいえるこのゲームから次のナンバリングが美少女って・・・っていう迷走ぶり。

 

 

ちろんただ3DSで出したことに対して理由無く言っているわけじゃありません。

 

  1. ・美少女に関して出るゲームなのに画質が低い3DSハードで出している事。
  2. ・メダロットの戦闘がアクションである事

この2点に関しては明らかにVITA特化で出しているほうが好印象だと思うからです。

1の美少女ゲーゆえにというのは別に3DSで出しても良いとは思うのですが、少女を中心にするのならVITAのほうがよかったのでは?なんて意見があります。

 

実際画面はきれいですし、CERO的にそこまでまずい絵は出せないですから3DSで十分なんでしょうけどボイスもあって絵もイラストレーターで最近力はいってるのに違う路線にするという感じが無いのが不安で仕方がありません。

 

一応こういう少女が活躍するゲームではVITAでは数多く発売されており、ナンバリングで名前が通っているメダロットだからこそ出来る路線だったのでは?とも思える内容がありちょっと残念でした。ロボットものという点では戦闘面ではガンダムブレイカー3が発売で控えている点や、カスタマイズできる幅広さという面で比較されるときつかったりとか、モデリングの際に非常に処理落ちが目立ったなどの問題点がやっぱりあるんでしょうかね。一方で美少女ものといえばVITAではカグラなどのゲームがそろっています。ライバルが多い一方で、かなり難しいと判断されたのかどうなのか・・・。

 

に関してはモデリングの凝りやカスタマイズの多様性を求めらるスペックであることがちゃんと反映されているのかが問題だった為です。

 

反応速度などは比較できませんが、メダロットは以前こんな感じのアクションゲームを出していたことがありましてメダロットDUALがその1つ。

 

このゲームはメダロットゲームの中でもアクションゲームに位置しているゲームで、空飛んだりとかガンダム動物園とまではいかない程のアクション性。

 

だったので最初はどうなるのかな。と不安だったんですが、2vs2というゲームのテンポの良さが非常によかったし、いつものメダロットのナンバリングでは飽きていた戦闘の多さも改善されていたと思えた作品です。

 

今回はこの作品のパワーアップ版ということで出してきたのでしょうけど

タッグを組めるキャラの少なさ

 

 

アクション故の育成要素

 

の部分に関しては賛否両論というところでしょう。

 

中古では1500以下の価格をキープしており、かなりお手ごろな価格で買えることが出来る買い手にも嬉しい作品。

 

みんなで集まるときの1つのネタとしていいのかもしれません。私はたまにそういう集まりをやってたりもするんですが、こういうゲームは友達ありきなのかもしれませんね。


メダロットDUAL カブトVer. +クワガタVer. 2本セット!! (各種 初回封入特典:スペシャルARトレカ同梱)

 

は私が個人的に思っていることなんですが、メダロットはカスタマイズも凝れるほうがいいのかなと思ってます。

メダロット2では、ペイントでメダロットの色を変えられたのですが、アクションゲームの近作では魔改造とか言ってるキャラもいるんですし凝った感じで遊べるゲームとしても良いんじゃないかなと思うんですよね。

 

美少女がまさかのミリタリー好き・・・なんてベタかもしれませんが中々そういう設定が私好きで、近年では戦車がメインのアニメなんかもあるんですから

 

かわいい主人公「一緒に優勝めざそうね!メタビー!まずはクローズドボルト方式のマシンガン買ってきたから、ジャムらない当たり品なのか確かめてみようか!」

メタビー「!?」

ってこんな感じになるとオモシロインデスケドネー。

 

とめてしまうと3DSで表現できる部分がアクションと美少女という部分では微妙で何に特化させるのか。それとも、シンプルさで売るのかという部分がいまだに明確でないことが問題だと思ってます。

 

実際は操作性に関しても面白いというよりシンプルだったので簡単だったという面もありつつも単調であると言わざるを得ないシステムが不安点でしたが、今回はかわいい女の子がタッグを組んでくれるのでしょうか?それとも・・・?

 

 ■ ロボットもの×等身大のゲームは次の世代を求めている。

昔わたしの世代ではカスタムロボというゲームが流行っておりました。

 ロボットという世代では当時メダロットと並んで結構名作が飛び交った世代である以上にカスタマイズという部分が似通っていて、アクションゲームならメダロットはこうなるんだろうなぁという考えがあったりもしているのを覚えています。

 

 

 

昨今ではロボットアクションというゲームは非常に少なくなってしまいました以前ではダンボール戦記などのゲームが出ていたんですがこれも最近出ないなぁと思ってました。ロボットというだけでも最近はガンダムに殆ど客層は取られてしまい、映像という部分でも一種の特徴とだけ思われる演出に留まっているものが増えています。

 

 

そして、需要が少なくなったという悲しい欠点もあるなら今回はメダロットが手を出しているとなるとどうなのでしょう。

こういった路線になるのは非常に仕方が無いことのように思えるのですが、そういえば美少女がロボットを扱うなんてのは少ないテーマだったのではないかとも思えたのです。

 

かなり意欲作でもあると思えるのがこのゲームですが、子供が多い3DSの層でメダロットが流行るのは相当な大変さがあるのかもしれません。メダピーがジバニャンスタイルになるとかそういうのは見たいですけどね。

いっその事主人公がジバニャンの寝巻きを着て一枚絵を載せれば良いじゃないか!!

・・・ごめんなさい。いいすぎました。

 

 

 

 

最後にこれだけは言わせてください。確かに美少女にこだわるのは別に良いです。

ただ

 

ペッパーキャットとかの需要のあるものを増やしてくださいね!!!!

 

・・・それだけ!!(ドヤ顔)

 

それではノシ

 

関連記事っぽいの