米ニューヨーク・タイムズ紙が映画『軍艦島』(監督:リュ・スンワン)を好評した。

『軍艦島』は日本統治時代、多くの朝鮮人が強制徴用された軍艦島の悲劇的歴史を基に、映画的想像力を加えたドラマチックなストーリーを、大規模に描いた作品。

ニューヨーク・タイムズ紙は「リュ・スンワン監督は、巨大で複雑な設定で、カメラを上手に動かし、映画のクライマックスは、観客に強烈な経験を提供した」とし「その余波は、国民の戦争によるトラウマ、それによって治癒されていない苦痛を生き生きと見せてくれた」と評価した。

『軍艦島』は現在まで、北米やタイ、ミャンマー、インドネシア、香港、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、シンガポール、マレーシア、台湾、ベトナム、フィリピンなどで8月の公開が確定している。

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=6&ai_id=237201

http://contents.innolife.net/mobile/img/item/237201_l.jpg
[写真:映画『軍艦島』スチールカット]

コメント一覧
国民の戦争によるトラウマてなんだよ?
いつ日本と朝鮮が戦争したんだ?
自然治癒力のない患者にムダな投薬はしないよ。
治療の途中でやめさせた連中にとやかく言われたくないな
またNYTかよ、こういう記事が出る度に大使館がなにかしないの?
>>1
> 8月の公開が確定している
映画の広告枠記事だろ、これ。
>>1
当時は同じ国だったのだから徴用は義務だ、前線では圧倒的に日本人兵士の方が死滅していっていたのだから
NYTはいい加減にしろ
アメリカの朝日新聞か。
ニューヨークタイムズ=朝日新聞だからな
さっさと在日返送して国交断絶して欲しいわ
ほうっておき過ぎなんだよなぁ